カナダ留学と世界一周旅行

by hidef_m
 
カテゴリ:Miscellaneous( 13 )
 
Hello Kitty
全く脈絡なくてすみません。

都会の真ん中の我が家の周りに野良猫が何匹か住んでます。
子猫もたまに見かけるのですが、数日前から生まれたばっかりの赤ちゃん猫を見かけるようになりました。

今日家の入り口に自転車を止めたところでか細い「ニャア」という声が。
よく見ると、近所の家の戸口に赤ちゃん猫。
近寄ると逃げ出そうとしたのですが、足元がまだおぼつかなく、すぐ追い込めました。
最初おびえてましたが、なでなでするとすぐ気に入ってなついてくれました。
あまりにもかわいかったので部屋に戻ってカメラを取って来ました。

a0027530_2323742.jpg

a0027530_2331777.jpg


a0027530_2333830.jpg



何度下ろしても一生懸命上ってこようとします。
a0027530_2335936.jpg
[PR]
by hidef_m | 2005-11-17 23:08 | Miscellaneous
 
Terry Fox Run
久しぶりの投稿です。
まあ東京でも楽しくやってますってことで。

さて、突然ですがTerry Foxという人をご存知でしょうか。

Terry Foxはカナダで最も有名な人物の一人です。
彼はわずか18歳の時に骨の癌と診断され、右足を失ってしまいます。

入院している間、彼は他の患者、特に多くの子供の患者が同じ病気で苦しんでいるのを見て、癌の研究のために基金を募ろうと思い立ちました。
こうして始めたのが義足によるカナダ横断マラソンです。
彼はこのマラソンを希望のマラソン"Marathon of Hope"と名づけました。

最初はあまり注目されなかったこの挑戦も、距離が進むに従って次第に話題となり、寄付も順調に集まり始めました。

しかし、スタートから143日後、5,373km走ったところでTerryはマラソンを断念せざるを得ませんでした。 癌が肺に転移していたためです。 
残念ながら翌年Terryは22歳の若さで亡くなりました。

なんて書いてみたものの、実は僕もカナダにいた間は彼のことは名前と、1ドルコインの裏にたまに描かれていることぐらいしか知りませんでした。
マラソンについての話を知ったのはちょうど帰国した日に見た日本のTV番組です。
不思議な話もあるもんです。

それはともかく、彼の死後、その遺志をついで毎年世界各地でTerry Fox Runが開催されています。

日本では、10月1日に東京で開催されました。
a0027530_0302789.jpg

スタート直後です。

5kmの部と10kmの部に別れて皇居をそれぞれ1周、2周するのですが、趣旨はあくまでチャリティーなので競争意識はほぼゼロです。
家族連れで歩いている人も大勢いましたよ。

僕は無謀にも10kmに挑戦しました。
この日は10月なのにとても暑かったのですが、天気もよく景色は最高でした。
a0027530_0321293.jpg

こうして休憩がてら写真を撮りながらのんびりと完走しました。
(本当は死にそうだったけど・・・)
[PR]
by hidef_m | 2005-10-07 00:46 | Miscellaneous
 
In Search of Identity
ようやく帰国も間近となり、身の回りの整理を始めました。
長らく愛用したLaptopにも別れを告げ、今は学校のPCでインターネット生活です。

さて、そんな中PCのデータ整理中に、CD-Rを焼くのに失敗して今まで撮った写真、学校のドキュメント、就職活動のデータがすべて消失してしまいました。
不幸中の幸いというか、気に入った写真はなるべくblogやwebsiteに載せるようにしてたので最悪の事態は免れましたが、かなり意気消沈。

追い討ちをかけるように、なんといつの間にかパスポートがなくなっていることを発見!
そんなバカなと思い徹夜で探したものの見つかりませんでした。
あわてて領事館に駆け込み何とか希望の日程で日本に帰れそうにはなりましたが、これも帰国当日に気づいていたらどうなっていたことやら。。
ついでに日本の運転免許証もどっかに行ってしまったみたいです。
ケベック州免許で日本で運転できるんでしょうか?

そんなわけでとりあえず今は生まれて初めての無国籍生活をEnjoyしてます。
[PR]
by hidef_m | 2005-05-28 03:48 | Miscellaneous
 
he's a phenomenon
ブラジル生まれのJean Carlos Chera君という9歳のサッカー少年が話題になってます。
動画を見ると確かにすごいですね・・
ヨーロッパのクラブがすでに興味を示しているそうです。
それにしても18歳で初出場としても次の次の次のワールドカップになる計算です。
もしかしたら14歳で出てくるかも。
[PR]
by hidef_m | 2005-03-24 10:35 | Miscellaneous
 
films
日本では全くといっていいほど映画を見なかった僕ですが、カナダに来てからはa)英語の勉強のため、b)勉強の合間の息抜き、c)勉強からの現実逃避、等の理由により、映画を見る機会が激増しました。
アパートのある建物にはショッピングセンターが併設されており(ちょっとしょっぱいけど・・)、レンタルDVDショップだけでなく、映画館もあるのです。

そんな訳でせっかく何本も映画を見たので、(良くも悪くも)印象に残っている映画について下にコメントしておきます。
何分映画鑑賞歴が浅いので、軽薄なコメントになってしまいますがご容赦を。

Kill Bill vol.1&2
vol.1を日本で予告編を見たときは日本文化を馬鹿にした安っぽい映画だと思ってました。実際そのような感想も多いと思うのですが、娯楽映画だと割り切ってしまえば意外と楽しめました。

vol.2は一転してカンフー+ウェスタンの味付けです。

Quentin Tarantino監督の狙いとしては、古今東西の映画からクールだと思うものをごちゃ混ぜにして、一本のストーリーに無理やり詰め込んでしまおうという遊び心から生まれた作品なのかなと思います。
日本文化に対する理解が浅いという批判はちょっと的外れなのでは無いでしょうか。

Pulp Fiction
Tarantino監督の名前を一躍有名にした作品です。
ここでもUma Thurmanが出てます。
これもストーリーはあってないようなものですが、それぞれの俳優がいい味出してると思います。
なんと、Jules役のSamuel L. JacksonはKill Bill vol.2にも出てるんですね!
詳しい話としてはpapa tomato, mama tomato, and baby tomatoのジョークしか頭に残ってません。

Mulholland Dr.
これ、面白いと思った人はいるんでしょうか?
"Twin Peaks"で日本でも話題になったDavid Lynch監督の作品です。
前半までは普通の映画ですが、後半から・・なんじゃこりゃ?

"like a dream"と表現されるように、ホントに自分でもたまに見るヘンな夢みたいです。
映画が終わった後しばらく皆ポカーンとしていて、次の日友達に「いやー昨日ヘンな映画見ちゃったよー」なんていう会話が交わされる、これが監督の狙いだとしたらよく出来ている映画と言わざるを得ません。

Before Sunset
1995年のBefore Sunriseの続編ということになっていますが、前作は見てなくても問題ないと思います。

非常にシンプルながら、綺麗ないい映画ですね。
特にラストシーンが秀逸だと思います。
監督がテキサス出身というのが信じられません。

モントリオールでも感じることですが、フレンチアクセントの英語は男女共にとてもcuteです。余談ですが。

The Usual Suspects
友達のお薦めで見た作品です。
これはとにかく面白いの一言です。

Memento
これは日本にいるときに友達が面白かったと言ってたのですが、当時は映画にあまり興味がなかったので今回初めて見ました。
これも面白いです。よく出来てますねー。

The Aviator
伝説的な大富豪、Howard Hughesを題材としたドラマです。
Leonardo DiCaprio主演というのと、アカデミー賞10部門(?)ノミネートという話題が先行してますが、確かにDiCaprioは素晴らしい演技をしていると思います。
ファンとっては衝撃的と思われるシーンもありますが。
確かにオスカーを獲ってもおかしくはないですね。次はライバルの"Ray"も観てみようと思います。

これから観る人は多少予習していくことをお薦めします。
Hughes本人とか、TWAとか、PanAmとか。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-23 06:19 | Miscellaneous
 
お奨めリンクその2
次は僕の大好きなコミック、Dilbertを紹介します。
マジで面白すぎます。
IT企業にお勤めの方は、特に笑えるんじゃないでしょうか。

僕もこのブログの初期にはロゴ画像に使ってましたが、特にDogbertというキャラがお気に入りです。

Daily Dilbertというメールマガジンに登録(無料)すれば、毎日読めます。
[PR]
by hidef_m | 2005-01-17 12:38 | Miscellaneous
 
お奨めリンクその1
海外旅行を検討されてる方、もしくは自宅で手軽に海外旅行気分を味わいたい方、
yahoo! travel
がお奨めです。

こんな王道すぎるサイトの何が素晴らしいかって言うと、世界各地のスライドショーが充実していることです。
中でも東京の充実度がピカ一なのが不思議ですが・・
息抜きにボーっと眺めているだけでも旅行気分が味わえます。
僕も早く次の目的地に行きたいです。
[PR]
by hidef_m | 2005-01-17 12:30 | Miscellaneous
 
別館
別館 ANNEX を作ってみました。
写真は重複していますが、一部未公開写真もあります。
[PR]
by hidef_m | 2004-10-30 14:33 | Miscellaneous
 
Adobe Photoshop Album 2.0 Mini
ところで、最近Adobe社のacrobat reader(PDFファイルを参照できるアプリケーションです)を最新版に更新したら、おまけでAdobe Photoshop Album 2.0 Miniというのがついてきました。 

早速使ってみたら、結構便利です。
色の調整や、コントラストなどがワンクリックで行えます。
気に入ったので、これまでの写真も全部編集してみました。
色を調整すると、記憶にある色により近づきますね。
なかなかお勧めですので、ぜひ使ってみてください。
ここから
[PR]
by hidef_m | 2004-08-16 05:13 | Miscellaneous
 
マナーについて
中国と、ヨーロッパをいくつか回ってきたので、このあたりで各国のマナーについて気づいたことをいくつか。

最初に断っておくと、あくまで日本の基準に照らし合わせてどう違うかについてのコメントです。
便宜上良い/悪いの評価はしてますが、別に日本と違うからといってその国の習慣を改めるべきだとの意図はまったくありません。現地の人が気にしてなかったら別に問題ないわけですから。

まず、中国の交通マナーはひどいものです。車は頻繁に車線変更するし、交差点でも横断歩道にどんどん突っ込んできます。歩行者も一歩も退かず平気で車の間をすり抜けて渡っていきます。ここではどちらが優先という概念は無く、早い者勝ちという精神が優先されています。

ヨーロッパでは、喫煙マナーに驚きました。レストランやバーではもちろん、街角での歩きタバコに、サッカースタジアム内での喫煙も普通のようです。列車にもいまだに喫煙車両が何車両もあります。さらに、タバコはポイ捨てです。誰が掃除するんでしょうか?アメリカに比べて寛容だとは聞いてましたが、ここまで喫煙が自由だとは思ってませんでした。

電車内のマナーも日本と比べて悪いみたいです。携帯による通話も結構おおっぴらに耳にします。携帯の着信音をいろいろ替えて暇つぶしをしている人もいました。車内で騒いでいる人も多いですね。

街中や駅も、落書きやごみのポイ捨てなどで相当汚いです。下をちゃんと見て歩かないと、地面に何が落ちているかわかりません。

まあ、全般的に思ったのは、むしろ日本(特に東京でしょうか?)の人が周りに対して細かいことを気にしすぎなのかなという気がします。中国の人は我を通した人が勝ちのようなアグレッシブなところがありますし、ヨーロッパの人は他人のささいな行動にいちいち目くじらを立てるという感覚があまり無いような気がします.

日本人のマナーの良さは自慢してもいいと感じた一方、あまり過度に神経質になるのも社会を窮屈にするだけかなということも思いました。
[PR]
by hidef_m | 2004-07-25 09:08 | Miscellaneous


カテゴリ
China
India
Europe
North America
-Canada
--Montreal
--Hockey
-USA
Miscellaneous
English
MBA
Japan
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ジャンタロンマーケット①..
from Mai Montreal
ベーグル Bagel
from Mai Montreal
トロント大学
from 世界の大学
世界一周航空券
from 世界ぷらぷら 太陽の下のcafe
中欧日記総集編
from Return of the ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク