カナダ留学と世界一周旅行

by hidef_m
 
<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
films
日本では全くといっていいほど映画を見なかった僕ですが、カナダに来てからはa)英語の勉強のため、b)勉強の合間の息抜き、c)勉強からの現実逃避、等の理由により、映画を見る機会が激増しました。
アパートのある建物にはショッピングセンターが併設されており(ちょっとしょっぱいけど・・)、レンタルDVDショップだけでなく、映画館もあるのです。

そんな訳でせっかく何本も映画を見たので、(良くも悪くも)印象に残っている映画について下にコメントしておきます。
何分映画鑑賞歴が浅いので、軽薄なコメントになってしまいますがご容赦を。

Kill Bill vol.1&2
vol.1を日本で予告編を見たときは日本文化を馬鹿にした安っぽい映画だと思ってました。実際そのような感想も多いと思うのですが、娯楽映画だと割り切ってしまえば意外と楽しめました。

vol.2は一転してカンフー+ウェスタンの味付けです。

Quentin Tarantino監督の狙いとしては、古今東西の映画からクールだと思うものをごちゃ混ぜにして、一本のストーリーに無理やり詰め込んでしまおうという遊び心から生まれた作品なのかなと思います。
日本文化に対する理解が浅いという批判はちょっと的外れなのでは無いでしょうか。

Pulp Fiction
Tarantino監督の名前を一躍有名にした作品です。
ここでもUma Thurmanが出てます。
これもストーリーはあってないようなものですが、それぞれの俳優がいい味出してると思います。
なんと、Jules役のSamuel L. JacksonはKill Bill vol.2にも出てるんですね!
詳しい話としてはpapa tomato, mama tomato, and baby tomatoのジョークしか頭に残ってません。

Mulholland Dr.
これ、面白いと思った人はいるんでしょうか?
"Twin Peaks"で日本でも話題になったDavid Lynch監督の作品です。
前半までは普通の映画ですが、後半から・・なんじゃこりゃ?

"like a dream"と表現されるように、ホントに自分でもたまに見るヘンな夢みたいです。
映画が終わった後しばらく皆ポカーンとしていて、次の日友達に「いやー昨日ヘンな映画見ちゃったよー」なんていう会話が交わされる、これが監督の狙いだとしたらよく出来ている映画と言わざるを得ません。

Before Sunset
1995年のBefore Sunriseの続編ということになっていますが、前作は見てなくても問題ないと思います。

非常にシンプルながら、綺麗ないい映画ですね。
特にラストシーンが秀逸だと思います。
監督がテキサス出身というのが信じられません。

モントリオールでも感じることですが、フレンチアクセントの英語は男女共にとてもcuteです。余談ですが。

The Usual Suspects
友達のお薦めで見た作品です。
これはとにかく面白いの一言です。

Memento
これは日本にいるときに友達が面白かったと言ってたのですが、当時は映画にあまり興味がなかったので今回初めて見ました。
これも面白いです。よく出来てますねー。

The Aviator
伝説的な大富豪、Howard Hughesを題材としたドラマです。
Leonardo DiCaprio主演というのと、アカデミー賞10部門(?)ノミネートという話題が先行してますが、確かにDiCaprioは素晴らしい演技をしていると思います。
ファンとっては衝撃的と思われるシーンもありますが。
確かにオスカーを獲ってもおかしくはないですね。次はライバルの"Ray"も観てみようと思います。

これから観る人は多少予習していくことをお薦めします。
Hughes本人とか、TWAとか、PanAmとか。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-23 06:19 | Miscellaneous
 
"They did it.
They finally did it."

カナダの日刊紙、the Globe and Mailは、このような書き出しでNHLの今シーズン全日程中止のニュースを報じました。
北米のメジャースポーツでは初めての不名誉だそうです。

労使交渉の泥沼化により、NHLはロックアウトという形で今シーズンに突入しました。
シーズン開始(のはずだった)日から、カナダ人はTVコマーシャルや、ウェブサイトnohockey.ca等でホッケーの再開を訴えつづけてきました。

つい先日も、NHLのBrett Hull選手がアメリカのコメディーショーで、カナダで同じく話題になっている同性結婚について、
"That's what happens when there's no hokey in Canada,"
「ホッケーが無かったら、カナダでは(他にすることが無いので)こんなことになっちゃうんだよ」
なんて際どいジョークを飛ばしてましたが、ほんとに笑えなくなってしまいました・・

僕は高校時代からホッケーの大ファンなので、せっかくホッケーの聖地モントリオールに来たのにNHLが見られず本当に残念です。

選手、オーナーともに言い分はあるでしょうが、今回のゴタゴタは特にアメリカでファンのホッケー離れを加速させると思います。お互い大いに反省して、来季は戻ってきて欲しいと思います。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-17 10:58 | --Hockey
 
Net Radio
日本にいるときからラジオが好きで、J-Waveが特にお気に入りでした。
こちらでも真っ先に買ったのはアラーム機能つきのクロックラジオです。
クロックラジオって海外では北米、ヨーロッパ問わずどこにでもあるのに、日本ではあまりポピュラーじゃないですよね。

規制の問題なのか、東京よりはるかに規模の小さいモントリオールでも東京より多くのラジオ局の選択肢があります。
モントリオールの場合は、英語もフランス語もそれぞれ数局ずつあり、更に音楽のジャンルごとにも分かれています。
いまいちダサい局ばかりなんだけど、、何かお奨めは無いでしょうか?

それはさておき、英語の勉強としては、FMよりもAMの方ががしゃべりが多いので役立ちます。
最近見つけたのは940 newsという局で、モントリオールを中心にニュースを24時間流しています。
いわばラジオ版CNNですね。
モントリオールだけでなく、カナダ、世界のニュースも取り扱うので、結構面白いです。
ウェブサイトを見てもらえば分かりますが、インターネットでのライブ放送もあります。
こういうインターネットラジオって海外のラジオ局では当たり前のようにあるのですが、なぜ日本のラジオ局では見かけないのでしょうか。
前出の日本の某お気に入り局も、ライブは無いんですよね。
インターネット専業を含めれば世界中にはそれこそ星の数ほどインターネットラジオが存在しているので、日本の場合規制があるとしか思えないんですけど。
何とかして欲しいものです。

話がそれましたが、英語及びモントリオールに興味がある人はぜひ940 newsを聴いてみてください。
同じニュースを何度も繰り返して放送してるし、インターネットにも同じニュースが載っているので、併せて利用すると理解の手助けになると思います。
もちろん、同様の放送局はどこの街にもあると思うので、ニューヨークのラジオ局や、フランス語に興味があればパリのラジオ局を探してみるのもいいと思います。
googleで探せば、リンク集も見つかりますよ。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-15 12:25 | English
 
la SAQ is back, the NHL is gone...
去年よりストライキに入っていたケベック州直営の酒販店la SAQ (Société des Alcools du Québec)が、労使問題の解決により営業を再開しました。
a0027530_1391026.jpg

僕も早速ウィスキーでも買いにいこうと思います。
一方、同じく労使問題によりロックアウト(ストライキが労働者側の強行手段なのに対し、ロックアウトは使用者側の強行手段だそうです)状態となっていたNHL (National Hockey League)は、ついにシーズン再開を断念したもようです。
楽しみにしていたのに無念です。。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-13 01:58 | -Canada
 
Winter term
そう言えば留学中なのに学業のことについて全く書いてなかったのでメモを残しておきます。
もう最終学期なんだけど・・

今学期はMBAの授業3.5コマ(0.5は通年で1コマの科目のため)と、Continuing Education Centreでフランス語を1コマです。

それぞれの授業について一言-

Managing Strategy
先生がコンサルティング経験豊富なドイツ人なんだけど、すでにおじいちゃんでドイツなまりが残った聞き取りづらい英語で授業は非常に退屈。その代わりリーディングは非常に読み応えがあって勉強になります。

Managing the Small Enterprise
こちらは企業運営経験豊富な(これまた)おじいちゃんが起業及び経営について熱く語ります。
Ethics等概念的な話が多いのでknow-howの習得を期待している人は多少がっかりするみたいですが、ハンドアウトのレイアウト、パブリックスピーチのようなレクチャー、ディスカッションのコントロールなど、学ぶところは多くて個人的には好きな授業です。
グループごとにビジネスプランを発表する課題が期末にありますが、我々は実在のベンチャー企業の東アジア進出プロジェクトをやっています。
うまく実現して実名を発表できるといいですけど・・

Applied Investments
通年授業で週0.5コマです。
グループごとにファンドを運営して、期末にファンドストラテジーをPaperとしてまとめて提出します。大切なのは理論とストラテジーで、必ずしもパフォーマンスのみで評価されるわけではありません。
でもまあゲームみたいなもんですね。
授業は大抵モントリオールの著名なファンドマネジャー、銀行家などを呼んでスピーチをしてもらいます。

Financial Reporting: Valuation
Financial Reports(Balance sheet, Income Statement, etc.)を如何に読み解いて企業の価値を評価するか、という授業です。
企業に投資する際や、企業を買収するときに重要なテクニックです。
自分はそういう仕事をするつもりはありません(数字に弱いので)が、日本でも三菱東京FGやソフトバンク、はたまたライブドアまで大型買収が活発化してるみたいですね。
海外のニュースでも目立つぐらいなので、日本の企業をめぐる環境も大きく変わってきているようです。

Lev 2 Elementary French
これはMBAでは無く、Continuing Education(生涯学習?) Centreの提供する、パートタイム語学プログラムです。
生徒は普段仕事や学校に通ってます。
僕は秋学期から通い始め、冬学期はniveau(level)2に昇格しました。(6段階のだけど)
niveau2になると先生は授業でフランス語しか使わなくなるので最初怖かったです。
学生は英語を母国語とする人が半分以上で、皆英語との比較で理解していくので僕には大きなハンデです。でも、やっぱり誰にとっても外国語の習得は難しいらしく、先生に当てられてしどろもどろに「あー、うー」と詰まりながら答えたり、言葉に詰まってパニックになっているクラスメイト(自分もだけど)を見てると何かほっとします。
[PR]
by hidef_m | 2005-02-12 03:32 | MBA
 
Too good to be true
too 形容詞 to 動詞の構文もなかなかトリッキーな文法だと思います。
なぜなら、日本語で言うと〜過ぎて〜できないと否定表現になるところ、 英語の場合to以下は肯定形になるからです。

日本語の感覚でしゃべってしまうと、例えば"It was too cold that I couldn't go out."なんてミスをしてしまいます。(恥ずかしながら実話)
文法を知っているだけでは50点で、微妙な言葉の使い方の感覚にも慣れなきゃいけないってことですね。

先日のスーパーボウルを見ながら、アメリカ人が"He is too happy to realise (that there was a foul)!"「あいつハシャギ過ぎて(その前にファウルがあった事に)気付いてないぜ!」とつぶやいてました。

タイトルのtoo good to be trueも、直訳すると「良すぎて真実ではない」で、要は「信じがたい、嘘くさい」って感じでしょうか。友達がよく使ってます。

Can't Take My Eyes Off of Youという歌にもYou're just too good to be true〜なんて歌詞がありますね。
ちなみに僕はLauryn Hillのバージョンを持ってるのですが、これってオリジナルは別の人ですよね?
[PR]
by hidef_m | 2005-02-10 13:01 | English


カテゴリ
China
India
Europe
North America
-Canada
--Montreal
--Hockey
-USA
Miscellaneous
English
MBA
Japan
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
ジャンタロンマーケット①..
from Mai Montreal
ベーグル Bagel
from Mai Montreal
トロント大学
from 世界の大学
世界一周航空券
from 世界ぷらぷら 太陽の下のcafe
中欧日記総集編
from Return of the ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク